お役立ちコンテンツ

面接前に確認!準備すること・気をつけること

面接のポイント

面接は、限られた時間内で自分をアピールしなくてはならない非常にむずかしいもの。「あれもこれも言いたい」と、気が焦ることもあるとは思いますが、まずは企業の採用担当者が転職希望者の一体何を見ているのか、大きなポイントを4つ確認しましょう。

1. 第一印象

表情や身だしなみ、態度や言葉遣いなど、第一印象も重要な判断基準の一つです。清潔感を心掛けましょう。

2. 意欲

具体的な志望動機を整理して伝えることが重要です。自分が入った場合、どんな事で貢献できるのかをしっかりイメージしましょう。

3. 適性の有無

本人が希望する仕事内容と実際の仕事内容にミスマッチがないか、その仕事に合っているか、など具体的な部分を見られます。自分が前職で学んだことや経験と、希望する会社での仕事内容をきちんと理解しておくことが大切です。

4. 人柄・人間性

採用担当者は、組織への順応性や定着できるかを見極めようとします。さまざまな質問を重ねながら、採用担当者が引き出そうとするのは、その人ならではの人柄です。格好良く答えようとするのではなく、自分の言葉で思いを乗せてゆっくり伝えましょう。

ページの先頭へ

面接の準備・持ち物

面接で最も大切なのは第一印象で好感を与えられるかという事です。多くの場合、合否は、面接が始まって早い段階で決まることが多いのです。例えば、面接にサイズの合っていないスーツなどを着用して伺った場合、好印象が持たれるでしょうか? 面接時の服装や髪型は採否にかかわる重要な判断基準なのです。

男性の場合

スーツ色は黒、紺、グレーなど。ボタンも止め忘れが無いようにしましょう。肩の部分にフケなどが落ちていないように当日は気をつけてください。清潔感は大切な要素になります。
また、上着・スラックスともにクリーニングに出したものを着用しましょう。シワがあるとだらしない人間だと評価される場合があります。冬場などコートを着ている場合は会社の外で脱ぐようにしましょう。
ワイシャツ白が基本となります。ストライプなどを好む方もいらっしゃいますが、面接はあくまで相手にどう見られるかが問題です。余計な誤解を与えないためにもワイシャツは白が好ましいでしょう。
また、シミやシワなどにも注意してください。
髪型髪の色は黒が基本です。茶髪、長髪も印象が悪くなります。また、白髪が多い方も黒く染めたほうが印象がよいでしょう。また、髪が襟足にかかる様なら切ったほうがよいでしょう。前髪が長いのも基本的にはよい印象を与えません。
大切なのは清潔感です。いくら流行の髪型だとしても、面接官にはビジネスマナーがなっていないと映ることが多くあります。また、当日はフケや寝癖にも注意しましょう。
ひげ髭は必ず剃りましょう。おしゃれで伸ばしている方もいらっしゃると思いますが、あくまで面接官がどう思うかが大切です。
面接前に洗顔できればベストです。できなければ洗顔シートなどを利用するとよいでしょう。清潔感はとても大事です。
爪も切っておきましょう。書類を渡す際に、意外とチェックされる項目です。
ネクタイできるだけオーソドックスなものを着用しましょう。
アクセサリー男性の場合は、結婚指輪以外は全て外していきましょう。
靴・靴下靴は意外とチェックされるポイントです。靴下も意外と見られています。靴下はスーツと同じ様な色のものが好ましいでしょう。靴は黒の革靴がベストです。前日、もしくは当日の朝に磨いておきましょう。汚れはマイナス評価になります。サンダルは論外です。スニーカーも好ましくないでしょう。
カバンカバンは必要なものが入る(A4サイズの書類が入るくらい)シンプルな手提げタイプが好ましいでしょう。手ぶらは論外です。また、リュックタイプも避けたほうがよいでしょう。
メガネあまり派手なデザインは避けましょう。それからレンズの汚れはだらしないイメージを与えるので面接前にチェックすることを忘れないようにしましょう。

女性の場合

スーツ上着は男性と同じく、黒・紺・グレーが好ましいでしょう。ジャケットを着用するようにしたほうがよい印象を与えるでしょう。冬場などコートを着ている場合は会社の外で脱ぐようにしましょう。
ブラウス白が基本です。
スカート・スラックス服装はスカートでもスラックスでもどちらでも大丈夫です。スカートの際には、立ったときに膝の半分が隠れるくらいの長さがよいとされています。短すぎても長すぎてもいけません。また、男性同様シミやシワなどにも注意してください。
髪型色は黒がベストです。茶髪などはやめましょう。髪型は、ロングヘアの方はしっかり結ぶこと。前髪が長いのは好ましくありません。大切なポイントとしてはおじぎをした際に髪の毛がバサッと顔にかかってしまうことが無いようにすることです。
また、髪を結ぶ際には、髪の毛一本出さないつもりでしっかり結んでください。
メイクナチュラルメイクが好ましいでしょう。シャドーや口紅が濃すぎるのはよい印象を与えません。
また、ノーメイクもビジネスマナー上よくないとされています。
指先派手なマニキュア、ネイルアートは避けましょう。また、爪も切っておきましょう。書類を渡す際に、意外とチェックされる項目です。 。
アクセサリーアクセサリーも首元に1点程度にしましょう。指輪は結婚指輪以外はつけないようにしましょう。
色は黒が好ましいでしょう。かかとの高いものも避けましょう。ヒールの高さは5センチ前後におさえることで自然な歩き方になると思います。ピンヒールは避けたほうがよいでしょう。靴は前日などに綺麗に磨いておきましょう。
カバンカバンは必要なものが入る(A4サイズの書類が入るくらい)シンプルな手提げタイプが好ましいでしょう。手ぶらは論外です。また、リュックタイプ・必要以上に大きいものも避けたほうがよいでしょう。
メガネあまり派手なデザインは避けましょう。それからレンズの汚れはだらしないイメージを与えるので面接前にチェックすることを忘れないようにしましょう。

持ち物

履歴書・職務経歴書などのコピー面接の直前の控え室などで志望動機や自己PRを再度確認しましょう。面接で質問されたときに履歴書などに書いてある内容と違うとマイナス評価になります。また、気持ちを落ち着かせる意味での必需品です。
企業のパンフレットなど説明会で渡されたパンフレットや企業のホームページなどを印刷したものを持参しましょう。控え室などで目を通しながら、面接に備えましょう。
地図当日の遅刻は厳禁です。方向感覚に自身のある方も、企業までの地図は準備しておきましょう。
また、事前に面接会場まで下見に行くことをお勧めします。
筆記用具ボールペン、シャープペンシル(鉛筆)、消しゴムは必ず持参しましょう。
スケジュール帳・手帳今後のスケジュールなどの説明を受ける場合もあるので、必ずスケジュール表・手帳は持参しましょう。
ハンカチ身だしなみの基本は清潔感です。会社に入る前に汗を拭いたりするのに使います。
印鑑面接のその場で書類を書く場合もあります。念の為に携帯しましょう。

ページの先頭へ

面接

選考の過程でもっとも重要になるのが「面接」です。企業側も面接での評価で、採用を決定すると言っても過言ではありません。特に20代の若い皆さまは、経験やスキルよりも「やる気」「人柄」「ポテンシャル」が求められます。自分の強みをしっかりと把握し、「履歴書」や「職務経歴書」など、企業側に提出した書類に記載した内容については再度確認し、自分の言葉で面接官に伝えることが大切です。

面接までの待ち時間のマナー

面接会場(企業)には10分程度前には着きましょう。早すぎてもいけません。もちろん遅刻は論外です。面接時間まで控え室などで待たせてもらう場合は、持参した履歴書・職務経歴書などのコピーや企業のパンフレットなどに目を通しましょう。
深呼吸で気持ちを整えるなど、リラックスした気持ちで面接に臨みましょう。

面接のポイント

面接中はハキハキ受け答え、明るい表情を心掛けながら自分の想いや考え方などを堂々と伝えましょう。採用担当者が何を聞きたいのか、その内容を的確に把握し、ズレのない回答をすることも大切です。
よく見当違いな回答をする人がいるのですが、本人は緊張などから気付いていないことがほとんどです。しかし言葉のキャッチボールが出来なければ、コミュニケーションの面ではマイナスの判断となってしまうでしょう。

自分がこの職場で活かせるスキルや知識、経験をアピールし、またその会社に描く自らのビジョンを明確に説明できれば、内定は目の前です!

ページの先頭へ

面接後のマナー

面接終了後は当日、または翌日に面接をしてくれた方にお礼状を書きましょう。必ずしもお礼状を出したからと言って採用されるとは限りませんが、応募者が多数いる場合などは選考に有利になる場合があります。また、最後に自分の想いをもう一度、伝える事が出来る場面でもあります。

ページの先頭へ

(C) Jinzai Service You Corporation.